気になる出来事や旬な話題を調べてお届けします!

足のむくみが治らない時は肝臓病に注意!症状をチェック!

mukumikanzou19-1

足にむくみが出来てしまう原因は
足のふくらはぎの筋肉が低下して
しまったり

 

ずっと立ち仕事や座っている時などに
血液や水分などが足に溜まってしまって
むくみの症状が出てしまいますが

 

足のむくみがずっと続いてしまったり
なかなか治らない時は肝臓が悪くなって
しまっている肝臓病の時があります。

 

どうして足のむくみが肝臓病と繋がって
くるのか原因はいったい何なのか
肝臓病の症状などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

肝臓の働きとは

 

足のむくみがなかなか治らなかったり
とれなかったりする時は足が相当
疲れているのかなって思いますが

 

足がむくんでしまう原因については
コチラの記事に書いてあります。

足がむくんでしまう原因とは!

 

まさか肝臓が悪くなってしまっていて
肝臓病になっているとはなかなか
思いつかないですよね。

 

そもそも肝臓ってどんな働きをしている
のかっていう疑問が僕の中ではあったので
肝臓の役割について調べてみると

 

肝臓は代謝や解毒などの働きをしていて
ご飯や何か食べた時に食べ物は小腸で
アミノ酸に分解されてから

 

肝臓に入ってきて肝臓でタンパク質などに
変えられて体中に血液として回っていきます。

 

そして体にとって良くない物
血液中に含まれているウイルスや有害物質
を消化して解毒してくれますし

 

アルコールなど分解してくれる作用が
肝臓にはあります。

 

よく飲み過ぎる人は肝臓の機能が低下
しやすいって言われるのはこの解毒の
作用が頻繁に行われて作業が追いつかない
状態になってしまうからです。

スポンサーリンク

体の中でも割と大きい臓器ですからね
肝臓は別名「沈黙の臓器」と言われて
いて痛みなどを感じない臓器ですね。

 

黙って黙々と作業を役割を果たして
くれているとても凄い働き物の臓器が
肝臓です。

 

肝臓病で足がむくむ原因

 

肝臓の素晴らしい働きや役割については
わかってもらえたと思いますが
いったいどうして肝臓病になってしまうと
足がむくんでしまうのか

 

その原因となっているのは肝臓で作られる
アルブミンというタンパク質が関係してきます。

 

アルブミンとはいったいどんな物かと
いうと、血管の中の水分を吸収してくれる
集めてくれる役目があります。

 

このアルブミンがあるから血液内に
水分を溜めておくことが出来るの
ですが

 

肝臓病になってしまうとこの
アルブミンが作られなくなって
しまい数が減少してしまうのです。

 

アルブミンの数が少なくなってしまうと
当然今まで吸収していた水分も血管内に
溜めておくことが出来なくなってしまい
血管から外に出ていってしまいます。

 

その血管から出て行ってしまった水分が
細胞間という場所に入っていってしまい
そこで水分が溜まってしまって

 

足のむくみの原因となっていってしまう
のです。

 

本来ならば血管内にあって循環されるはずの
水分が細胞間に溜まっていってしまうのが
むくみの原因ですね。

 

なのでいくら足のむくみを改善しようと
ストレッチやツボを押しても血行は
良くなっても水分は血液の外にあるので
循環させることが出来ないですからね。

 

足のむくみを解消するおすすめの
ストレッチについてはコチラの記事に
書いてあります。

寝る前の簡単ストレッチでむくみ解消!

 

症状を注意してチェック

 

肝臓病で足のむくみがとれなくなるのは
わかったけれど、では今の足のむくみは
肝臓が悪くてなっているのかピンとこない
ですしわからないですよね。

 

なので足のむくみ以外に肝臓病の色々な
症状を書いていくと

 

皮膚や肌が黄色くなる
爪が黄色くなる
おしっこの色が濃い
なかなか眠れない

 

などの症状が肝臓病には多く現れて
きます。

 

どうして肝臓病になると皮膚や肌や
爪などが黄色くなってしまうのか
というと

 

ビリルビンという物質が大きく関係して
きて、このビリルビンは血液中に含まれて
いる赤血球が役割を果たして出来るもので

 

本来ならば老廃物として排除されていく
ものなのですが

 

このビリルビンが肝臓病によってとても
多く増えてしまって排除されなくなって
溜まってしまうことによって

 

肌の色や皮膚、そして爪などが黄色く
なってきてしまうのです。

 

そしてビリルビンが増えてしまうことに
よって自律神経も乱れてきてしまい
うまく副交感神経に切り替えることが
できなくなってしまって寝ることが
出来なくなってきてしまうのです。

 

なので足のむくみが全然治らなかったり
とれない時はこういった症状が出ていない
かチェックしてみてください。

 

まとめ

 

足のむくみが治らない時は肝臓病に
注意!症状をチェック
について書いていきました。

 

足がむくんでしまうのは一日頑張って
仕事をして足の筋肉が弱ってしまって
いたり

 

辛い立ち仕事や座りっぱなしの
デスクワークなどで本来ならば
体を循環しなければならない血液や
余った水分そして老廃物が足の溜まって
しまうからですが

 

そうではなく肝臓が悪くなってしまって
いて肝臓病になってしまっていることも
原因の1つとしてあるので

 

足のむくみ以外の症状もチャックして
みてください。

 

肝臓は先程も書きましたが「沈黙の臓器」
と言われているほどなかなか痛みを感じ
ない感じにくい場所なので注意してください。

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです^^


多くの人が実はなっている症状


・舌が白くネバってする舌苔の正体と原因は!

・歯が痛くて頭痛がする原因は鼻の奥にある!

・かかとや足の裏が突然痛くなる足底筋膜炎!

・なかなか聞けない!いぼ痔の原因と治し方!

・切れ痔にはなりやすいので注意!治し方は!

当サイトで人気のみんなが知りたい記事


・耳を傷つけない耳垢の取り方でスッキリ!

・便秘による腹痛を和らげるオススメの方法!

・イヤな靴の悪臭を簡単に無くす3つの方法!

・USJのお菓子で外さないオススメのお土産!

・今人気の金沢でとても評判の高いお土産!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

歯痛の対処法など歯のまとめ記事

ブログランキングに参加中!

ポチッと応援ありがとうございます!


季節の行事・イベント ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 病気の豆知識へ
にほんブログ村